電車でトレーニングするという考え方

会社や学校に通うのに、電車を利用されている方は多いと思います。

今回は、自分らしく自由に楽しく電車を利用する方法を、ご紹介したいと思います。

電車は絶好のトレーニングの場です

トレーニングといっても、空いている席を目指して、我、先にと、ダッシュすることではありません。

それで、楽しければ、それでもいいのかもしれませんが、そのような考え方だと、空いている席が無かったり、他の誰かに先を越されると、楽しくなくなります。

では、どのようなトレーニングをするのか?

それは、バランス感覚のトレーニングです。

つまり、つり革や手すりを持たずに、足だけで、バランスを取るトレーニングをするのです。

簡単なようですが、これが意外と難しいです。

特に、前後にガクッと揺れる時は、ほとんどの人は、体ごと大きく持っていかれるハズです。

したがって、他の乗客に迷惑にならないように気を付けながら、バランスを取る練習をしてください。

すると、「今日は微動だにしなかった。」と、自分一人で、にやついているかもしれません。

ガクッと揺れても、それまでなら、『下手な運転手だなぁ~。』と不快に感じていたのが、『難易度が上がって、絶好の訓練になるなぁ~。』と、良いように考え方を転換できる可能性すら有ります。

また、満員電車だと、あまりトレーニングになりませんので、早めの電車で行くようになったり、列に割り込んできた人がいても、『どうぞ、どうぞ、お先に!私は、座るつもりはありませんので。』といったような別の効用もあるかもしれません。

若いうちは、なんのことはないかもしれませんが、歳を重ねるごとに、効果のあるバランス感覚のトレーニングになります。

バランス感覚以外にも、立っていること自体が、足腰を鍛えていることになりますので、周りの人に迷惑にならないように、最初は気を付けながら、始めてみてはいかがでしょうか。


ユメハイマガジン編集部

健康、美容など、毎日の暮らしを豊かにする情報を厳選して紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク