ドラマはピンチがあって、それを乗り越えるから面白い

 

「毎日、楽しいことだけだったらいいのになぁ~。」

 

 

 

そんなことを考えたことは、ありませんか?

 

 

 

実際に、毎日、楽しいことだけだったとしても(そのようなことは、まず、ないですが)、人間というのは、勝手な生き物で、楽しいことだったはずのことが、楽しくなくなったりするのが現実です。

 

 

 

要は、変化があるから、面白いという側面もあるわけです。

 

 

 

 

ドラマはピンチがあって、それを乗り越えるから面白い

 

ドラマなどは、その際たる例ですが、毎回、毎回、楽しいことばっかりだと、おそらく、つまらないものになってしまうでしょう。

 

 

 

どのドラマでもピンチの場面が必ず訪れます。

 

 

 

当然ながら、そのピンチは必ず乗り越えます。

 

 

 

そして、それが面白いのですね。

 

 

 

さらに言えば、ほとんどのドラマは、ハッピーエンドです。

 

 

 

 

自分の人生に置き直すと

 

自分の人生の場合は、なかなか、そうは思えないものです。

 

 

 

ピンチの時には、「なぜ、私ばかり?」などといった暗い気持ちになってしまいがちです。

 

 

 

しかし、ドラマと一緒で、ほとんどのピンチは、乗り越えることが可能です。

 

 

 

もし、あなたにピンチが訪れたなら、このことを思い出していただき、ドラマを見ているときのように、「こういう時は、xxxすれば、OK。」みたいな視聴者的な考え方が出来れば、ピンチも楽しく、もしくは、楽しいとまではいかないまでも、比較的、冷静に対処できるようになるのではないでしょうか。

 

 

 

言い古された言葉ですが、「人生というドラマの主人公は、あなたです。」

 

 

 

Follow me!