付けたまま飲食可能なシールド可動式フェイスシールド

2020.07.05

コロナウイルス感染症の対策として、今やマスクが必須アイテムとなっていますが、暑い夏には身体的負担が大きいのも事実です。また、職業柄、口元や表情が見えるように、マスクで覆いたくないという人も存在します。そのようなケースで有効なのが、フェイスシールドです。

フェイスシールド

フェイスシールドは、フェイス(顔)のシールド(盾)、つまり、顔を盾のように防ぎ守るものです。フェイスガードと呼ばれたりもします。フェイスシールドは大別すると、以下の二種類があります。

  • バンドタイプ
  • メガネタイプ

バンドタイプ

バンドタイプは、シールド上部をウレタンスポンジなどで額に密着させバンドで止めるタイプです。額に密着させるため、髪が乱れる、息がこもりシールドが曇る、化粧がくずれるなどの欠点があります。

メガネタイプ

メガネタイプは、メガネのフレーム部分にシールドを取り付けたタイプです。フェイスシールドのフレームは、普段、メガネをかけている方でも、その上から着用できるような形状です。

通常のメガネと同じように、耳にかけて使用しますので、バンドタイプの欠点が解消されています。

フェイスシールドの欠点とその欠点解消商品

バンドタイプとメガネタイプ両方の欠点として、飲食する時に、その都度、フェイスシールドを取り外ししないといけないことが挙げられます。ちょっと、ミネラルウォーターを飲むのに、いちいち取り外しするのは、面倒ですし、シールド部分の扱いにも気を使いますよね。

マスクでも、これは同じといえば同じですが、マスクの場合は、少しずらせば、飲むことができます。ここから発想を得たのかどうかは分かりませんが、フェイスシールドを着用したまま、シールド部分のリフトアップを可能にした商品が、PCPフェイスシールドです。

PCPフェイスシールド

PCPは、シールドかフレームの素材かと考えてしまうかもしれませんが、ポニーキャニオンプランニング社の略称です。

PCPフェイスシールドは、メガネ式シールド可動リフトアップタイプで、実用新案登録・意匠登録などの知的財産権申請済のフェイスシールドです。

PCPフェイスシールドのポイントは以下です。

  1. 感染リスクを低減する飛沫防護& 飛沫飛散防止効果あり。
  2. 額部分が開いていて熱がこもりにくく、化粧がくずれにくい。
  3. 耳かけタイプでヘアスタイルが乱れない。簡単着脱。
  4. 汚れたシールドは、消毒や洗浄である程度の再利用もできて、簡単に交換可能。別売りで交換用シールドもあり。フレーム部分はアルコール消毒や洗浄で何度でも再利用可能。
  5. メガネやサングラスの上から装着可能。帽子の着用も可能。(帽子の形状、かぶり方によって着用できない場合もございます)
  6. 薄型超軽量(約20g)でストレスなし。視界も広く、クリア。
  7. シールド部分のリフトアップ機能付きで飲食可能に。
  8. シールドは、医療用商品とは異なるスマートカットデザイン。材質もクリアな薄型(1.25 μm)帯電防止PET 延伸フィルムを採用しているため、常用耐熱温度は200℃と簡単には溶けない仕様となっている。

PCPフェイスシールドの仕様は以下です。

  • サイズ:(シールド)約240mm× 約190mm (フレーム)幅約150mm× 柄の長さ150mm
  • シールド:PET フレーム/ PC 取付プラグ/ TPU
  • 重量:約20g
  • シールド常用耐熱温度:200℃
  • 製造国:フレーム/中国 シールド/日本


スポンサーリンク