自宅で手軽に出来る新型コロナウイルス抗体検査と健康相談

2020-07-17

新型コロナウイルス感染症が、ここに来て、感染拡大しています。新型コロナウイルス感染症の怖いところは、無症状でも他の人にうつす可能性があるところです。これまでは、唾液によるPCR検査は、症状があり発症から9日目以内の人だけが認められていました。このような中、2020年7月17日に、加藤厚生労働大臣は、無症状の人でも唾液によるPCR検査が受けられるようになることを会見で明らかにしました。同日より可能だそうです。

この方法は、無症状だが、今、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを知りたい人には有効な方法です。一方、過去に、新型コロナウイルスに感染したことがあるかどうか知りたい人も一定数、存在するかと思います。

そこで、今回、過去に、新型コロナウイルスに感染したかどうかを、自宅で手軽に推定できる新型コロナウイルス抗体検査と健康診断をご紹介します。過去に、新型コロナウイルスに感染したことがあるかどうかを知りたい人には有効な方法となりますので、一度、検討してみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルスの検査

さて、話は前後しますが、新型コロナウイルスの検査は、代表的なところとしては、「ウイルスの存在を検出する方法」と「抗体を検出する方法」の二種類があります。

前者の方法の一つに、PCR検査があります。PCR検査は鼻咽頭ぬぐい液等を用いてポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を行うことでウイルスの存在を診断する方法です。後者は、検査キット等を用いて、新型コロナウイルスに対する抗体があるかどうかを調べる方法です。

新型コロナウイルス抗体判定キット付遠隔健康医療相談

これまでは、新型コロナウイルス感染症の症状がある人は、医師等の診断後、PCR検査を受ける流れでしたが、2020年7月17日より、症状がない人でも、PCR検査を受けることができるようになったのは、前述の通りです。ただし、PCR検査は、今、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる検査ですので、過去に、自分が新型コロナウイルス感染症に感染していたかどうかを知りたい人は、「抗体を検出する方法」で調べる必要があります。

そのような「抗体を検出する方法」の一つが、「CHECK CORONA(遠隔健康医療相談)」です。「CHECK CORONA(遠隔健康医療相談)」は、Ai Medical Clinic Ginzaが提供する、自宅でできる!新型コロナウィルス抗体判定キットで感染したかしていないかを推定できるオンライン遠隔健康医療相談サービスです。

アンケート形式のオンライン遠隔健康医療相談シートを採用し、自宅でできる新型コロナウイルス抗体判定キットを用いて、現在の状況を推測することが可能となります。

新型コロナウイルス抗体判定キットとPCR検査との違い

PCR検査は、体内に新型コロナウイルスがいるかどうか調べるのに対して、新型コロナウイルス抗体判定キットは、ウイルスに感染したことがあるかどうか、つまり、ウイルス感染の履歴を判定します。

結果判定に必要な時間は、PCR検査が1~2日に対して、新型コロナウイルス抗体判定キットは5分程度とその場ですぐに結果が出ます。

出典:抗体判定キット、PCR検査との違い|CHECK CORONA

新型コロナウイルス抗体判定キットとPCR検査とは似ているようで大きく異なります。PCR検査が、「今、現在、自分の体内に新型コロナウイルスがいるのかどうか」を調べるのに対して、新型コロナウイルス抗体判定キットは、「過去に、新型コロナウイルスに感染したことがあるかどうか」を調べます。

また、PCR検査は、当然ながら、医療機関等に出掛けて検査を受ける必要がありますが、新型コロナウイルス抗体判定キットの場合は、自宅で行うことが可能です。

カンタン手続き

CHECK CORONAは、Webで申し込むだけのカンタン手続きです。また、申込み人数に応じて割引が有りますので、ご家族分まとめて、Webで申し込むのがおすすめですよ。

スポンサーリンク